はやく勉強しなさい!!と言わずに過ごしたい:悩んで親も人間磨き!

自分から勉強してほしいのに、、、

子どもが自分から勉強してくれたら、親はどんなに楽でしょう。
しかし、現実には、なかなか難しいことです。

小学校中学年以上になると親の言うこともなかなか聞かず、だらだらとゲームをしている、テレビの前から動かない、いつまでたっても勉強をしそうにもない、、、このような姿を見るにつけ、こちらがイライラしてきてしまいます。


イライラが募ると、、、

今するか、もうすぐするかもしれない、などと淡い期待をしながら、子どもが自ら勉強するのを待つことは、親にとって、ストレス以外のなにものでもありません。
今でこそ、このストレスは小さくなりましたが、私も長年付き合ってきたものです。

最後には「はやく勉強しなさい!!」と大きな声が出てしまうこともありました。


「早く勉強しなさい!!!」と言われると、、、

子どもは、「今しようと思っていたのに!!!」「ママのせいでやる気なくなった!!」と反抗的な態度に出ることが多かったように思います。

子どもにそう言っている自分はどうだったのかと、自分の子どもの頃を振り返りますと、親に「勉強しなさい!」と言われると腹立たしく、勉強しようという意欲はさらに低下、反抗心がむくむくという状態になったことが思い出されます。

こうしてみると、「早く勉強しなさい!」というフレーズは、子どもにとって言われたくないものであり、親もやる気がなくなるようなことをわざわざ言う必要も無いということになります。


「早く勉強しなさい!!!」と言わないでいたいけど、、、

でも、言わない方が良いと分かっていても、言わずにいられないのが親だといえるかもしれません。
そのような私たち親にとって、言いそうになってもぐっとこらえて、子どもが自分から勉強するように仕向けることは、まさに、人間磨き以外の何ものでもありません。

我慢できずに言ってしまって、言い争うことになっても、それはそれで、対話による人間磨きそのもの

子育ての過程で、親も子どもに育てられているということですね。


どうしたら自分から勉強するようになるのか、、、

どうしたら、自分から勉強するようになるのか、どうしたら成績が上がるのか、どうしたら内部進学を確実なものにできるのか、このようなお悩みに対する答えは一律ではありません。

アールエデュケーションでは、教育の専門家が、保護者さまのご相談に対して、現状を把握し、分析し、その解決のお手伝いをします。
「保護者さまの講座」は、テストの出題傾向をつかむためのテスト分析にご利用いただける講座ですが、子育てという人間磨きをサポートする講座でもあります。

お気軽に、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

アールエデュケーションホームページ     お問い合わせフォームはこちらから

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログ一覧ページもぜひご覧ください